LTEの通信を使った後は通信速度が低減します

あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯電話料金を安くできます。

au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月に1000円程度なんていう料金になることが。

一度、考えてみてもいいかもしれませんね。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われているIC型のカードのことです。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。

そのような方は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

でも、実際に速度を比較してみると各社によって違う場合があります。

たとえば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

多くのサービス提供元もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、帯域の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

データ通信が安くできる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

通常のスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはSIMロックされているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、SIMカードは他社のカードが使えないロック(SIM)がかかっています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。

それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

通常、帯域がしっかりしていれば利用者が増加しても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、値段だけでなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。

あわせて読むとおすすめ>>>>>かけ放題が普通。格安SIMは無制限に。